柳島スポーツ公園(仮)について

「(仮称)柳島スポーツ公園整備基本構想(案)」を読んでいます。かねてから(というかいつから?というくらい話自体はずいぶん昔から)話のあった、柳島に総合スポーツ施設ができるという件についてです。現在使っている相模川河畔スポーツ公園陸上競技場の土のトラックから、全天候型のトラックへと変わるという話。ようやく平成29年3月開園することが決まったようです。

で、仮にクラブチームを立ち上げることを考えても、今後の競技場、練習場の確保が重要になってきます。そこで上記の基本構想案を見ています。形としては総合競技場ができるようです。陸上競技の設備もあり、中のフィールドの芝生でサッカーなどの球技。

ですが、これをやると、同じ競技場内で陸上競技とサッカーとで利用方法でもめるのではないか、と思うんです。Jリーグの本拠地となっているスタジアムは、芝生の管理、養成のために陸上競技の投擲種目の練習を禁止しているところがほとんどです。それと同じように、サッカーで使うことを考えると、やはり一定の利用制限は設けられるのではないかと予想します。

全天候型トラックは茅ヶ崎陸上界の悲願でもあり、新しい競技場は歓迎されるべき存在です。ですが、お互いの発展を考えると、そろそろそういう総合競技場という形から脱却して、陸上と球技とがそれぞれ別に利用できる施設を作る方がお互いのためになると思います。設備が新しくなることで、新たな火種になってしまうことを今は恐れています。もちろん土地や予算の問題もあるから、贅沢言っていられないことはわかりますが。ちなみにこの基本構想案に寄せられた意見では、やはりサッカー場を造ってほしい、という意見が多く見受けられました。それに対する茅ヶ崎市の回答は下記のようです。

(市の考え方)
総合競技場ゾーンについては、今後、陸上競技、サッカーなどが利用できるように、緑地・広場ゾーン、スポーツ・コミュニケーションゾーン及び駐車場ゾーンとの整合を図りながら内容や規模を検討していきます(以上基本構想案から要約)。

とりあえず、サッカーも利用できる形は変わらないようです。私の心配が杞憂になればいいのですが。お互いスポーツが発展していくにはやっぱり場所の整備って重要です。


もどる