お金

前述のとおり、私は親から虐待されて生きてきました。親の振るう暴力や吐く暴言にはショックはありませんでしたが、屈辱は感じながら生きてきました。食事を食べさせられる、学費を払ってもらう、それは大変な屈辱でした。でも大学に行って陸上競技をやりたい、その一心で我慢してきました。卑屈でした。私は子供のころ、小遣いをもらったことがありません。馬鹿どもは小遣いをやると言いましたが、私は必要以上に金品を受け取ることを屈辱とみなしていたため、頑として受け入れませんでした。断ったらまたかわいくないとか何とか言って機嫌を損ねることになりましたが、仕方ありません。

大学生になって寮に入り、ようやく実家から出ることができたました。ようやく解放される、そう思いました。しかし実際は違いました。学費を払ってもらっている、仕送りをしてもらっている、結局は金を払ってもらっていることがどうしても重く私にのしかかってきました。距離があるため、罵詈雑言や暴力はなくなりましたが、精神的に解放されることはありませんでした。

私は大学2年の時に走りすぎて疲労がたまり、髄膜炎を起こして2週間入院したことがあります。その時も府中にある病院に来てまで、「お前の入院費に一体いくらかかると思ってるんだ?」と言ってきました。その時はもう死んでもいいからすぐに退院させろと思ったものです。ちなみに入院費は大学生協の補助が出たため、実際のところはそんなにかかっていません。ほとんど返ってきています。その時の奴らの喜びようを見て殺意が沸きました。

私には膨大な借金があります。高校の学費、大学の学費、仕送り、等々。これらを全額返済して絶縁するのが私の目標でもあります。しかし、精神障害者のわずかな収入ではこれらを全額返すのは至難の業です。今でも仕事中等でフラッシュバックが起こり、お金のことを考えることがありますが、どんどん鬱になっていきます。このまま負け犬で終わるのか。


もどる