ねじれた右膝

私の右ひざ関節は20度ほどずれてくっついています。元々そういう形だったんだと思います。中高生の時は特に何も考えずに走っていましたし、走れていました。しかし、大学に入って当時のとあるコーチから右足が外に流れる癖があると指摘され、まっすぐ前に接地するよう言われました。

私はそのコーチのことは嫌いでした。ですが、その指示だけ聞いてしまいました。なぜ聞いてしまったのかはわかりません。でもこの判断が大きな誤りになります。ねじれているものを無理にまっすぐに接地しようとした結果、右足だけではなく、上半身まで筋力バランスが崩れました。

大げさに聞こえるかもしれませんが、右足を接地した際、膝が内側にくの字に曲がります。まっすぐ蹴りだすことができず、上半身もそこにかぶさるように覆ってきます。走ることはもちろん、歩く時もストレスを感じました。たまりかねて日本体育協会のスポーツ診療所や日産スタジアムのスポーツ診療所に行き、詳しく見てもらい、リハビリも教わりました。ですが、なかなか走りながらだと治ってくれません。大学では腐っていたのと、この足の影響で、まともに練習をしたことがありません。

結局この足が少しはまともになってきたのは、35歳を越えてからです。でももう今は自己記録を狙うこと等不可能です。20代の時はマラソンをやりたくて仕事の後、無理やりねじれた足のまま走りました。走る前に奇声を上げて気合を入れていかないと、走れませんでした。気が狂いそうでした。走っていても全然楽しくない。でも負け犬のまま終わりたくない。その一心でした。今思うとよくやっていたと思います。そのマラソンも、2時間47分40秒、女子高生には負けるという散々なものでした。競技者として練習が続いたことがないので、結果だけ見れば妥当だと思いますが、競技としてやってきたはずなのに、あまりにも無残でした。

今はもう走ることはありません。ウォーキング、散歩をする程度です。最近はようやく少し、ストレスなく歩けるようになってきています。なんのために歩いているのかは考えると病むので、あまり考えないようにしています。


もどる