よく覚えている景色

日大藤沢高校に入学。学校にはなんとか通っていましたが、楽しい高校生活なんてものとは無縁の生活でした。入学しても気分を切り替えられなかった私は、引き続いてなんでこんな学校にいるのか…としか考えられませんでした。友達もできず、親からの罵声はエスカレートし、1年でストレスから神経性胃炎になりました。高校生から胃薬を飲まなければならない。その時点でおかしいと思うべきでした。でも私は「自分だけが苦しいと思ってはいけない。」そうとしか思いませんでした。考え方がへたくそでため込みやすいのはこの頃から顕著になりました。

中学から始めた陸上競技を高校でも続けました。が、1年生の春に早々に疲労骨折をして走れなくなります。その後も貧血になってしまったことから、中学時代に1分差をつけて勝っていた選手に、逆にトラック2周差をつけられてしまうことになりました。記録は伸びるどころか、中学時代のベストよりも2分遅いタイムでしか走れませんでした。藤沢市選手権の5000mでは最下位にもなりました。拍手を受けてゴールするのがこれほど屈辱的なものだと初めて知りました。

胃炎のせいで授業中も吐き気が止まらず、授業をまともに聞いていませんでしたし、テスト期間中も勉強する気にもならず、成績は常に400番台後半でした。そんな中、一つの希望は大学に進学して箱根駅伝を走ること。自分のような実績のない選手でも受け入れてくれる早稲田大学競走部にとりわけ憧れていました。しかし、肝心の成績はあまりにも無残だったので、高校の面談でもボロクソに言われて終わりました。夢なんか見てるんじゃない、と言われましたが、夢でも見なければ生きていけませんでした。

よく覚えている景色があります。高校1年時の放課後、部活に向かう途中で野球部のグラウンド脇を通るのですが、その時に必死に練習している野球部員の姿を見ながら、ふと思いました。「このままいったら駄目な人間になるな。」。高校1年生でこんな風に考えてしまうなんておかしいと思う。でもその予感は的中します。結局、陸上競技では3年の秋に県駅伝に出るのが精いっぱい。その後は日大に進学することもできず、浪人することになりました。日大の附属校に行っておきながら進学できなかったことで、親からの罵声はさらにエスカレートしました。


もどる